閉塞性動脈硬化症(ASO)
arteriosclerosis obliterans

●閉塞性動脈硬化症(ASO)の特徴的症状

Fontaine(フォンテーン)の分類
 1度・・足が痺れたり冷えたりする。
 2度・・歩くと足が痺れて痛くなる(間欠跛行)
   (※1、2度の症状は腰部脊柱管狭窄症に似ている。)
 3度・・安静時の下肢、足の痛み。
 4度・・足の潰瘍、壊死

仰向けで下肢を挙上すると下肢が蒼白になる。(挙上試験)
足の動脈が触れにくい、触れない。


●閉塞性動脈硬化症(ASO)の治療

フォンテーン1、2度
保存的治療
・運動療法・・・・ 歩行訓練、プール内歩行、エアロバイク
・物理療法・・・・ 温熱療法、水治療法
・薬物療法・・・・ 血管拡張剤、循環促進剤、坑血小板剤、ビタミン剤

フォンテーン3、4度
保存的治療+手術療法
・血行再建術、再建不能時は切断術


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

閉塞性動脈硬化症(ASO)は手足の動脈が狭くなったり、詰まったりすることによって起こる血管の病気です

ASOの患者の推移
(東京大学・血管外科)
松重宏ほか:medicina,37,5.2000より改変

◆血管が75%ぐらい詰まっていても症状として出ないケースもあります。しかし、この病気は、足を切断することがある以上に、他の血管性の病気で亡くなることが注目されています。

◆高齢化社会や食生活の欧米化などにより、動脈硬化症の疾患は増えています。60歳代〜70歳代の比較的男性に多い。しかし、若い人や女性の発症も増加傾向にあり、喫煙と高脂血症(特に中性脂肪)が関与していると考えられます。

◆ある一定の距離を歩くと、足の筋肉が痛んで歩けなくなりますが、歩くことをやめれば痛みは止まります。距離は人によってまちまちで、10mの人や1kの人もいます。しかし、ASOの人は同じ人であればいつもある一定の距離で足が痛くなります。
ASOは主に内科や外科での診断となるのに対して、腰部脊柱管狭窄症は整形外科での診察となります。各科は連携ががあるので積極的に申し出てください。


手術は手や足への血流を増やすために行います。
詰まった血管のバイパス術 →
血管の手術
←血管内で風船を膨らませて
  狭くなった血管を広げる

←再び血管が詰まらないように
  ステント(薄い金属の管)を
  血管に入れることもあります。

※手術の対象となるのは歩行可能距離が300メートル以下の場合です。



閉塞性動脈硬化症(ASO)を予防するには?

高血圧、高脂血症、糖尿病の予防が基本です。
喫煙は血管壁を傷つけ、動脈硬化を促進しますので禁煙を心がけるようにします。
足の筋肉は使わないと徐々に血液の供給量が減るので、1日2〜3キロでも歩くことで下肢の筋肉を鍛えましょう。

・足を清潔にする。
・血圧は80/130〜140mmHg以下
・コレステロール210mg/dL以下
・中性脂肪120〜130mg/dL以下






※整形外科医師による参考資料を基に作成しております。




腰部脊柱管狭窄症
楽楽の頚椎・腰椎・椎間板ヘルニア&ウオーキング