交通事故による頚の痛み

むち打ち損傷、頚椎捻挫、頚部挫傷、外傷性頭頚部症候群など

■交通事故による症状は、おもに首の関節の捻挫とバレリュー症状にわかれます
◆首の捻挫
  頚部痛、頭痛、頚椎運動制限、痺れ、耳鳴り、肩痛、背痛など

◆バレリュー症候群
  頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、視覚障害など
■治療


初期(急性期) 1ヶ月以内
目的 ・浮腫の軽減
・出血の阻止
治療および
リハビリテーション
・首を動かさないように横になり安静にする(少なくとも1週間)
・頚椎のカラーの使用(軽症:1〜2週間 重症:4〜8週間)
薬物療法 ・消炎、鎮痛、鎮静剤
・精神安定剤
・筋弛緩剤
 
中期(亜急性期) 1〜3ヶ月
目的 ・血流の改善
・筋スパズムの鎮静
・筋力の回復
治療および
リハビリテーション
・頚椎牽引療法(5〜12kg・10分)
・温熱療法(ホットパック、マイクロ波など)
・低周波治療(干渉低周波・SSP)
・神経ブロック
  圧痛点の局注
  大後頭神経ブロック
・等尺運動練習
・体操療法
薬物療法 ・消炎、鎮痛、鎮静剤
・精神安定剤
・筋弛緩剤

慢性期 3ヶ月以上
目的 ・中期の継続
・心理的加重への対策
・社会復帰促進
治療および
リハビリテーション
・全身的調整
  筋力増強訓練
  耐久力増強
  集中力訓練
・心理分析、心理療法
・社会的問題の点の調整、加害者との関係、
  保険手続き、職場との調整、家庭環境の改善
薬物療法 ・消炎、鎮痛、鎮静剤
・精神安定剤
・筋弛緩剤
手術 ・6ヶ月以上症状が続きXPに変化を認めるもの
・レベル診断がすべて一致するもの



■交通事故による症状がなかなか良くならない場合
◆頚椎椎間板ヘルニア
 ・事故前から無症状のヘルニアがある場合がほとんど。
 ・一度の事故でヘルニアが飛び出すことは非常にまれです

◆頚部脊柱管狭窄症
 ・生まれつき脊髄が入っている頚椎の脊柱管が狭い人
 ・頚椎の老化現象で脊柱管が狭くなった人

◆バレリュー症候群
 ・自律神経系の症状
 ・軽度の脳神経の症状

◆精神的苦痛(被害者意識・・自分は悪くないのに・・)
 ・個人的に複雑な事情をかかえている場合
 ・被害者自身の性格など



頚椎椎間板ヘルニア治療お悩み相談室みんなヘルニア仲間
楽楽の頚椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニア&ウオーキング


※整形外科医師による参考資料を基に作成しております。