頚椎椎間板ヘルニア/神経根症と脊髄症




頚椎椎間板ヘルニア/頚椎疾患の分類
頚椎椎間板ヘルニア/頚椎疾患の症状
神経根症と脊髄症
頚椎椎間板ヘルニアの治療法
手術について
知っておきたいこと/注意点・予防法
楽楽の頚椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニア&ウオーキング トップページ

■神経根症と脊髄症は?

ヘルニアや骨棘の出っ張りがどこにあるか?!

神経根症・・・外側突出で神経根圧迫症状

脊髄症・・・正中突出で脊髄圧迫症状
  
脊髄症+神経根症・・・後外側突出で脊髄圧迫症状、神経根圧迫症状

症状の進行
 神経根症・・・手の痺れ→首・後頭部・肩・腕・肩甲骨などの痛み→筋力の低下
 激痛は徐々に軽減されますが進行すると筋力が低下することがあります

 脊髄症・・・痺れ→動きにくさ→膀胱麻痺
 手のしびれ、手先の細かい作業がしづらい、力が入らない、進行すると上肢・下肢に痺れ麻痺が起こる


頚椎症性神経根症と頸椎症性脊髄症
・ 椎間板の老化により椎間板がすり減ってペシャンコに潰れ骨棘ができ、神経根や脊髄を圧迫する。 
・ 神経根症、脊髄症ともに、頚を後ろに反らすとより強く圧迫され、症状が悪化する。

頚椎椎間板ヘルニアの主な症状はこちら


頚部脊柱管狭窄と脊髄症

脊柱管(脊髄が通る管)が生まれつき狭い人もいます。
  
狭くなった脊柱管の中で脊髄が圧迫されて逃げる余裕ない。
  
ヘルニアや骨棘で脊髄が圧迫されやすいために脊髄症になりやすい。
  
狭くなった脊柱管を広くするには薬ではなく、手術しかない。
  
脊柱管狭窄でも脊髄の圧迫がなければ無症状です。しかし、頭を強く打ったり、頚を強く反らすと脊髄が潰れることもあり、手足の痺れや場合によっては四肢麻痺になることもあります(脊髄損傷)
  
※脊髄症の人は転ばないよう注意が必要です!転倒の危険性のあるスポーツなどは医師にご相談ください。
  






頚椎椎間板ヘルニア頚椎椎間板ヘルニアの症状頚椎椎間板ヘルニアの治療法手術について知っておきたいこと予防法
事故による頚の痛み頚(首)と肩の痛みストレッチ・筋トレ・腹式呼吸楽楽の頚椎・腰椎・椎間板ヘルニア&ウオーキング  トップページへ
 

※整形外科医師(日本脊椎脊髄病学会指導医)による参考資料を元に作成しております。